【沖縄那覇】ホエールウォッチングのオプショナルツアーの販売を開始しました

2020年02月12日

12月下旬~4月上旬、沖縄周辺の海には出産と子育てを控えたザトウクジラがやってきます。

そんなクジラたちに会いに行く、冬の沖縄で大人気のアクティビティが「ホエールウォッチング」です。

 

数ある「クジラ遭遇スポット」の中でも、那覇市内から船で約60分の慶良間(ケラマ)諸島は人気の場所!

慶良間諸島へ行くには、那覇空港から車で約5分の三重城(みえぐすく)港からクルーザーに乗り込みます。

IMG_6730

 

ライフジャケットを着用し、揺れを感じにくい大型のクルーザーに揺られて約60分。

その間も、スタッフのお姉さん達が慶良間やクジラについての話をしてくれます。

IMG_6708

観測ポイントに着いたら船を停止し、広々としたデッキの上に移動。

そこで、クジラの登場を待つのです。

 

kujira2

ホエールウォッチングの見どころは、”クジラのダイナミックなパフォーマンス”。

「ブロウ」という潮吹きや、胸びれを水面に打ちつける「ペックスラップ」、頭から登場し海中へダイブする「ブリーチ」など。

どんな行動が見られるかは運次第ですが、30~60分ほど観察をすることができます。

kujira

 

たくさん海の上で過ごした後は、また約60分かけて三重城港へ移動。

船が港に着いたら解散です。

 

慶良間諸島でのホエールウォッチングは、那覇市内の港から出港&半日のスケジュールなので旅行の行程に組み込みやすいのが特徴です。

さらに、たびの邸宅沖縄那覇にご滞在のお客様はホテルまで送迎もあります(送迎は事前予約制)。

那覇市内からすぐの慶良間諸島で、とっておきの体験をしてみませんか?

 

ご予約はコチラからどうぞ。